趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

アリゲーター

アリゲーターはクロコダイルやらなんやらと並んでワニの代名詞のようにみられとりますが、さてアリゲーターとクロコダイルはどないな風にちゃうんか? といった疑問を持ったことはおまへんか。ここではワニの中の一種アリゲーターについていろいろと紹介していきたい思うで。

アリゲーターについて

アリゲーターはアリゲーター科全般をまとめても指しまんねんけど、アリゲーター科はさらにアリゲーター亜科とカイマン亜科に分けられ、普通にアリゲーターというたらアリゲーター亜科に属するアメリカアリゲーターかヨウスコウアリゲーターのことをええまんねん。以下特に指定が無ければ本稿ではアリゲーターと呼べばこのアメリカアリゲーターの紹介になるんですわ。

■アリゲーターの生態

アメリカアリゲーターはアリゲーター科の中で最大級、尾までを含めた全長は6メートル、重量も4~500キログラムに達するっちうこともおます。昔の恐竜のイメージを色濃く残した背中のうろこはごっつう硬く、反対に白いお腹のほうはエライに柔らかくなっとりまんねん。こらアリゲーターを含めたワニ全般に言えるええトコやけど、そやけどアンタ、通常腹ばいになっとるのでお腹は守る必要が薄く、ウチも硬いと行動が不自由やからやとされとりまんねん。

■アリゲーターの食生活

アリゲーターは完全な肉食獣・・・なんやけど、どうやら動物性の蛋白質やったらえり好みせんようで、草食動物から魚、貝、虫、鳥、爬虫類やらなんやら、およそ目に付くもんは手当たり次第に襲って食べてしまいまんねん。普段は鈍重な動きに見えまっけど、このときの攻撃スピードはごっつうのもんで、その上に水中では高速移動も可能や。

■アリゲーターとクロコダイルの外見の違い

基本的にはアリゲーターの方がひらべったく、大きな口をしてんが特徴で、逆に先が細うてがっしりした感じの口をしてんがクロコダイルになるんですわ。口の形状の違いさかいか、口を閉じたときに4本目の牙が見えなければアリゲーターちうわけ方もおます。もっとも例外種もおるので確実とはいえしまへん。

■アリゲーターとクロコダイルの性格の違い

昔漫画で読んだ記憶では「ワニがおんどれねきの水辺におったときに、そいつが水に潜ってもっかい現れた時におんどれが咥えられとったらクロコダイル、そうやったらなければアリゲーターだ」ちうセリフがおました。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要はアリゲーターは“比較的”おとなしいゆうことなんやけど、もちろんアリゲーターに襲われてケガをした人はなんぼでもおるさかいに試さへんでうに。

アリゲーターの種類

アリゲーターの種類は大きくアリゲーター亜科とカイマン亜科に分かれることは前述しましたわ。ここではいくつかの代表種を紹介してみまひょ。

■アリゲーター亜科:アメリカアリゲーター

こら本日この時まで紹介してきたアリゲーターのことや。名前のとおり南北アメリカ大陸に生息するアリゲーターで、巨大さを利用してえさも大型の家畜やらなんやらを襲うことがようけ、アリゲーターの中でも危険といえまんねん。

■アリゲーター亜科:ヨウスコウアリゲーター

ウチも名前どおり揚子江に住むさかいヨウスコウアリゲーターや。習性やらなんやらはほとんどアメリカアリゲーターと変わらしまへん。わずかに小さいくらいが特徴でっしゃろか。

■カイマン亜科:メガネカイマン

カイマンちうんは“ワニ”を指すのでこいつはさしずめメガネをかけたワニとなるんでしょうか。名前どおり眼の周りにめがねのような模様があるんが特徴や。大きさは最大でも2メートルほどやから人間に飼われることも多いようや。

■カイマン亜科:キュビエムカシカイマン

アリゲーター属では最小の1、5メートルほどの大きさのアリゲーターや。最小というても人間大人とほぼ変わらへんのでおますや。これも名前どおり昔のワニに近い特徴をしてんトコから名づけられはりました。

■カイマン亜科:クロカイマン

カイマン属、いやアリゲーター全般の中でもアメリカアリゲーターと並ぶ大きさを誇るクロカイマン。大きさはやっぱり6メートル前後に達しまんねんけど、なんやより大切なのがアメリカアリゲーターをしのぐ凶暴ぶり。ごっつう獰猛やからねきに寄らへんようにしまひょ。

■おまけ:アリゲーターガー

こらワニやのうて魚になるんですわ。そやかて全長3メートルに及び、獰猛な性質や外見、古代魚と呼ばれるほど昔から完成されたスタイルやらなんやらアリゲーターとの共通点が多いせいかアリゲーターガーと名づけられはりました。特に口はまるでワニそのもんで、別名“ワニ魚”と呼ばれんのもうなずけまんねん。

■アリゲーターガーについて

アリゲーターガーを飼う事もできまっけど、膨大な食費と手間と場所を食おりますわ。半端ではどエライ飼えへんのでよほどの覚悟が必要や。時折やまとの川でもとらえられはることがあるらしいんやけど、飼いきれなくなりよった飼い主がほかすケースがほとんどや思われはります。さらに怖いことに専門家の意見ではやまとで自然繁殖するっちうこともありえるとのことや。もしかしたら、あんさんのホッたアリゲーターガーがなあんもしらへんボウズたちを襲うことも考えられはります。決して無理をせんでおくんなはれ。

, , , , , , , , , , ,