趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

弁当箱や重箱に塗られとる漆。漆かぶれでもその名をとどろかせとりますや。山登りや山菜取りにでかけて、知らず知らずのうちに漆に触れてまうとエライめにあってしまいまんねん。触れるとかぶれてまう漆やけど、そやけどアンタ、漆が塗られはった製品はどエライ高級感がおますや。漆をつこうた蒔絵は素晴らしいの一言に尽きまんねん。

漆は北海道の中部から九州まで分布してん落葉樹や。十分な日当たりと風の通りがよう砂交じりの土地が漆の木には適してるんや。漆の木から採取された樹液は漆塗りに使われ、高級家具や食器、工芸品やらなんやらに用いられとりまんねん。高級漆塗りの食器で有名な輪島塗の言葉は聞いたことがあるでっしゃろ。漆の木は雄と雌とに分かれてて、樹液の採取は雄の木の方がようけ採れはります。

漆の採取

漆の樹液をとる方法はうるし掻きと呼ばれ、漆の木につけた傷からちびっとずつ出てくる樹液を専用の金ベラで掻きとるんや。8月下旬の頃に取られはった樹液は光沢もよう、透明感があって最高の漆といわれとりまんねん。現在の採取法は採取する漆の木からぜええんぶひとつのこらず樹液をとりきちう、新しい芽が出るようにその漆の木を切ってしまいまんねん。漆の木から樹液をとることができるまでには8~13年かかり、その成長した漆の木からとれる樹液は200g前後とエライ貴重なもんなんやこれがホンマに。漆製品が高価なのもうなずけまんな。あんまり採取量がようけないんできょうびでは漆に代わる人工漆が売られはるようになったんですわ。カシュー塗料ゆうもので、カシューの実の皮からとれる油が漆のウルシオールに似とることから代用品として使われるようになったんですわ。

漆かぶれ

漆にかぶれると顔が倍の大きさに腫れるやらなんやらとよういわれはるが、体質や体調によってかぶれかたもちごてきまんねん。漆にかぶれるときは毛穴につおったときやから、毛穴が広がっとるようなお風呂上りや暑い時期にかぶれやすいといえるでっしゃろ。痒みもえげつないやけど、そやけどアンタ掻きむしってまうと全身に広がってしまいまんねん。かぶれてしもたら海水で洗うか塩水で洗い、えげつない場合は皮膚科を受診しまひょ。

蒔絵

1500年もん昔からやまと独自の技術としてあった蒔絵。漆器に漆で文字や絵、文様やらなんやらを描き、乾かいないうちに金や銀の粉を蒔いて定着させる技法や。

■研出蒔絵

金や銀の粉を蒔いたあとに全体に漆を塗り、乾いたあとに木炭で漆を磨いて蒔絵を浮かせて出す技法や。磨いたあとの表面は平らで滑らかになるんですわ。

■平蒔絵

漆で文様を描いて金や銀の粉を蒔いたあとに文様の箇所にだけ摺り漆をして磨き上げたもんや。

■高蒔絵

文様の箇所を浮き彫り状に盛り上げて表現したもんや。

■肉合蒔絵

研出蒔絵と高蒔絵の二つを合わせた技法や。文様を浮き上がらせたうえに漆を塗って木炭で磨きまんねん。表面は平滑にはならしまへん。

■卵から蒔絵

卵の殻を表面につける技法や。

漆の塗り方

漆は職人だけが塗れるもんやとは思うていまへんか? 拭き漆塗(摺り漆塗)ちう方法やったら簡単に塗ることができまんねん。何度も塗り重ねると漆独特の深みが出てきまんねん。もちろん塗り上げた漆器に傷がついてもオノレで直すことができまんな。そやけど、漆の液が直接肌につくとかぶれてしまいまんねんので用心しまひょ。

      【拭き漆塗に必要なもん】

    • 生漆
    • 拭き漆紙
    • ほこりの出にくい木綿の布(あれば漆ワイパー)
    • ゴム手袋かプラスチック手袋
    • 紙やすり
    • 厚めのプラスチックの板
    • 漆を塗ったあとぶちこむ室
    • 漆を塗る木材

    【拭き漆塗の手順】

  1. 木材を滑らかになるように紙やすりで磨きまんねん。最初は目の粗い紙やすりから徐々に細かい目の紙やすりにしていきまんねん。紙やすりをかけたあと、出たカスを濡れ布巾やらなんやらで拭き取って完全に乾かしまっせ。
  2. プラスチックの板に漆を出しまっせ。1回目に塗るときは木材の吸収がええので漆と同じ量のテレピン油をよう混ぜて塗るとあんじょう塗ることができまんねん。2回目からは漆だけで十分や。
  3. ハケを使うて塗る方法もおますが、初めての場合、均一に塗りこめられはる拭き漆紙がええでっしゃろ。お札を横に2回折ったくらいの大きさに折るんや。人差し指を使い、拭き漆紙に漆をしみこませて木材にすり込んでいきまんねん。
  4. 次に木綿の布や漆ワイパーで塗った漆が均一になるように拭いていきまんねん。
  5. 室に入れて乾燥させまんねん。温度は20~25度、湿度70~85%が必要となるんですわ。
  6. これらの作業を艶が出るまで4~5回繰り返していきまんねん。
  7. ※塗った漆を乾かす室は、衣装ケースやらなんやらで代用してかまいまへん。濡らしたタオルを底に敷き、上にすのこを置いてその上に漆を塗ったもんを置いて乾燥させまんねん。

  8. 漆を取ったプラスチックの台は乾かいないうちにテレピン油できれいに拭き取っておきまひょ。

拭き漆塗セット

ちーとばかし調べたら、拭き漆塗を行うための一式セットはインターネットで販売されとるのを見つけたんや。これを購入するとオノレでは何一つ用意するもんはおまへん。材料から乾燥させるためのプラスチックケース、塗り方の本までセットになっとりまんねん。・・・言葉に語弊がおました。オノレで用意するもんが一つだけおます。漆を塗る木材や。茶托あたりの小さなもんからチャレンジしてみまへんか? なんやはまってしまいまんねんよ。

, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,