趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

牡丹

ちーとばかし前にテレビドラマで“牡丹と薔薇”ちうのがおました。初期のあらすじをぱらっとぬかすと生き別れの姉妹のお話や。まずしいんやけど愛情たっぷりに育てられはった姉とお金持ちなんやけど愛情にとぼしかった妹のお話やけど、そやけどアンタ、この姉妹の名前が牡丹と薔薇やった。すなわち牡丹は内面の美しさを、薔薇は外見の美しさを象徴した名前や。ほなこの牡丹ちう花がどないなもんなんか紹介して行きまひょ。

牡丹とは

牡丹はボタン科ボタン属に属する”低木“や。同じ仲間に芍薬(シャクヤク)がおますが、ウチは”草“になるんですわ。薔薇のように花弁を幾重にも巻き込んや花が咲きまんねん。その花の美しさから別名を”花中の王“と呼ぶんや。余計なお世話やけど芍薬はその部下の宰相、”花相“と呼ばれはります。やまとには古くに中国から渡ってきたようや。

牡丹の栽培

日花札の図柄に使用されとるやらなんやら本にも古くさかい伝わっており、親しまれとる牡丹。ようけの栽培種があり、今も新品種が作り出されとることから実際いくつの品種があるかはっきりしてへんねん。ほなやまと人に愛される牡丹を自宅で育てんねんときのワンポイントを紹介しまひょ。

■牡丹の植え付け

栽培用の牡丹は芍薬を台木に接ぎ木で作られはるさかい、一般家庭では牡丹を種から育てんねんとより苗を植える植え付けを行おりますわ。時期的には秋口、9月半ば過ぎ~12月前くらいがええでっしゃろ。

■牡丹のお家

ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要は植える場所や。水はけがよう、しかも乾きすぎへん場所を選択しまひょ。雨ちゃん降り後に水溜りが出来てまうようなトコは避けるか、もしくは盛り土を行おりますわ。逆に乾燥しやすいトコはしきわらやらなんやら直射日光を防ぐ工夫が必要や。特に夏場は用心しまっせ。

■牡丹の植え付け

めでたくお家が決まったら深さ50センチほどの穴を掘り推厩肥と呼ばれる肥料を両手に山盛りになる程度の量を入れた後直接牡丹の根があたらへんように5センチ前後の土を入れ、その上に牡丹を植えまんねん。推厩肥は園芸店やホームセンターで購入できまんねん。

■牡丹のしつけ

植えたすぐの年に花を咲かせてまうと、根がまだなじんでおらへんために牡丹そのもんが弱りかねしまへん。かわいそうやけど、そやけどアンタ剪定してしもてまひょ。翌年からちびっとずつ様子を見ながら数を調整しまっせ。剪定は基本的に上のほうをヒイキして落としまひょ。なお春先、芽を出す頃と花が咲おったときに追い肥を与えまんねん。油粕や科学肥料やらなんやらを与えまひょ。

■牡丹の剪定

牡丹は花を愛でるのが目的やから花が咲き終わったら花首をばっさり剪定してしもてまんねん。そのまんまにすると実をつけるため、余計なエネルギーを消費してしもてまんねん。また牡丹は“木”やから芽を剪定してある程度樹の形を作ることが出来まんねん。その場合は初夏~夏頃がええでっしゃろ。

牡丹のお話

牡丹はやまと人にも馴染みの深い花やから、古くさかい歌にされてきたり絵画のモチーフにされてきたりと生活に潤いを与えてきましたのや。ほんでここではそういった牡丹の話をして見まひょ。

■美味しい牡丹・その1

紅葉、桜、ほんで牡丹。これらに共通してんことがおますが知ってはりしょうか。実はこれらはみな肉の別称や。紅葉は鹿の肉、桜は馬肉、牡丹は猪肉や。紅葉は花札で鹿と一緒に描かれとるから、桜は馬肉のきれいな桜色から、牡丹は猪の肉をきれいに盛り付けると牡丹の花にみえるさかい、が通説や。

■美味しい牡丹・その2

もち米とうるち米を混ぜてついたおもちをあんでくるんや食べ物。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要ははぼたもちやね。このぼたもち、漢字では牡丹餅と書きまんねん。春先の牡丹の花が咲く頃にご先祖の供養に作ったトコから牡丹餅となりよったようや。同じ食べ物を秋口にはおはぎ(お萩)と呼ぶんはやっぱり萩の咲く頃に作るさかいちう意味や。

■お薬と牡丹

牡丹は芍薬と共に漢方薬の材料としたかて珍重されはります。例あげたろか、たとえばやなあ痛み止め・消炎やらなんやら。芍薬と同様筋肉の炎症やこむら返りやらなんやらの痛みの緩和に使われはります。余計なお世話やけど芍薬も牡丹も薬効成分があるんは根の部分で、これを乾燥させてから使用しまっせ。

■唐獅子牡丹

中国の唐の時代に伝わってきた唐獅子。獅子ではおますが、普通のライオンやのうてあくまで幻想的な獅子や。余計なお世話やけど沖縄のシーサーもこの唐獅子から派生したもんや。やがて動物の王・獅子と花の王・牡丹を組み合わせた唐獅子牡丹ちう図柄が好まれ、任侠道に生きる男たちが好んでこの図柄を彫り物のモチーフに組み込むようになったんですわ。そういうたら仁侠映画のタイトルにも使われとりまんねん。

■牡丹燈籠(牡丹灯篭)

お菊はんが現れて「いちま~~い、にま~い」とやる番町皿屋敷とやったらんで夏の会談の定番にあげられはるのがこの牡丹灯篭でっしゃろ。実はやまとが元やのうて、元話は中国の怪談から。それをやまと向けにアレンジしたんがこの「怪談・牡丹燈籠」(灯篭やのうてこっちが正式のようや)や。好きな男と添い遂げられへんかったお露はんの出て来よる話やけど、そやけどアンタ、こないなウェットな怪談はやまと人向けや思うで。

, , , , , , , , , , , ,