趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

ガーデニング

花束において、“かすみ草”は主役やおまへん。いつでも他の花たちを引き立てんねんための脇役、それも一生懸命主役を盛り立てようとするけなげな名脇役や。そやけど、花束やらなんやらでなくかすみ草が普通に咲いとるトコを見たことがあるでっしゃろか? 小さい花がいくつもやったらんや花を咲かせてて、充分主役にも抜擢できそうなかわいらしさや。ほんで、ここでは毎日毎晩壱年中派手な花の間に隠れがちな“かすみ草”にスポットをあててみたい思うで。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , ,

ひまわりの花というたら夏に黄色の大きな花を咲かせる花で、花が終わるとようけの種を作りその種はボウズたちにも人気のあるかわいい「ハムスターの大好物!」小学校の花壇、おうちの花壇にもよう見かけるひまわりの花を紹介しまっせ。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , , ,

チューリップは「咲いた、咲いたチューリップの花が~」やらなんやらちう歌があるくらいようけの人に親しまれとる花や。チューリップは園芸やガーデニングに興味がある人だけが知っとる花やのうて、ようけの人がいっぺんくらいは、チューリップを花壇や鉢植えで育てたことがあるんとちゃうでっしゃろか。春になるとかわいらしい姿で見る人を和ませてくれるチューリップには色々な種類がおます。チューリップの育て方はややこしいもんやおまへん。色とりどりのチューリップをあんさんの周りでも咲かせてみまへんか。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , , ,

ユリ科スズラン属に位置する多年草の総称、和名は「鈴蘭」「君影草(キミカゲソウ)」。 この鈴蘭とぬかす名称は、鈴の様な花をつかせるラン科の植物に似とるとぬかす事が由来。 春の緑や初夏を思わせる植物でやまとの至る所に生息してるんや、鈴の様な白い花がすずらんの大きな特徴や。 「純粋」「純愛」「意識せん美しさ」と言うた花言葉を持ち、その花言葉に恥じへん清楚で美しく、ほんでいて可憐な花で人気の高い種類や。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , ,

アカネ科クチナシ属に位置する植物の一種、初夏に花を咲かせる純白の花。ジャスミンを思わせるどエライ甘い香りを持つのが特徴、花言葉は「沈黙」「純潔」で果実が熟したかて割れへん事から「梔子(または口無し)」と名付けられはったと考えられとりまんねん。初夏に花を咲かせると白から徐々に黄色へと変身させて、やがて11月頃に赤黄色の果実をつけまんねん。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , ,

やまと伝統文化のひとつ盆栽。わてたちの盆栽のイメージとは人生の折り返し地点を通り過ぎた高齢者の代表的な趣味ちうトコロが根強いか思うで。テレビやらなんやらそやけど、おじいはんが早起きして、庭に綺麗に飾られはった盆栽に水をあげながら話しかけるゆうシーンを何度もみとるか思うで。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , , , ,

菊科に属する植物、別名キクニガナとも呼ばれとりまんねん。野菜としてだけやのうて根は「チコリコーヒー」として使われる事で広く知られ、フランスではコーヒーの代わりに朝食時にチコリコーヒーを飲む人も多いや。
こら第二次世界大戦中、ヨーロッパでコーヒー豆が輸入出来んといた頃に代用コーヒーとして広く愛用されとった事が原因と考えられはります。タンポポコーヒーやらなんやらと同様にノンカフェインやから、カフェインが気になる人にオススメと言えまひょ。

(さらに…)

, , , , , , , , , , ,

冬の花としてお馴染みのシクラメン、サクラソウ科シクラメン属に位置する多年草で「篝火草(カガリビバナ)」ぬかす和名を持ちまんねん。 やまとの気候に適しておらへん為、昔はどエライ高値やったが品種改良が進んや事で育てやすなるといっぺんに値段も安くなって大きく普及する様になったんですわ。
ピンクや白、赤やらなんやら様々なカラーバリエーションで人々の目を楽しませてくれはります。ちびっと俯き加減で咲いとる様に見える点から、花言葉は「はにかみ」。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , ,

ブルーベリーと言うたら目にええ果物とぬかす印象がおます。勿論、目にええだけでなくブルーベリー本来の爽やかいな甘さと酸味がジャムやヨーグルトとの相性が抜群や。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , ,

「ひまわり」と言うたら、夏を代表する花。一面に黄色いじゅうたんが敷きつめられはったような広い「ひまわり畑」は圧巻ですわね! やまとでは主に観賞用やけど、そやけどアンタ、ヨーロッパやロシアでは「ひまわり」の種を食べたり、油を採ったりするんが一般的なんやこれがホンマに。 かつては、ある程度の広い土地やないと、「ひまわり」を育てんねんことはでけしまへんやったが、今はビッグスマイルをはじめ鉢で育てられはる小さな品種もようけ大人気や。

(さらに…)

, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Previous Posts