趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

オートバイレース

様々なレースの種類がある中、バイクを用いたバイクレースも一軒の価値があるレースや。そのコーナーリングやボディバランスを用いたテクニックやらなんやらで観客を魅了するそないなオートバイレースを特集しまっせ。

オートバイレースの歴史

■マン島TTレース

オートバイレースの歴史はイギリスにある小島、マン島から始まったんや。1907年世界で初めて競技としてのオートバイレース「マン島TTレース」が開催されたちうワケや。マン島の公道を閉鎖し、サーキットとして行われたオートバイレースや。1周60キロで複雑に入り組んやようけのカーブと、高低差の激しい過酷なサーキットを10周するもんで、シングルシリンダークラスとツインシリンダークラスの2種目のオートバイレースやった。当時はドイツのオートバイメーカーがつよ、シングルで上位を占めたんはマチレス、MVアグスタや。ツインシリンダークラスはイギリスのノートンがフランスのプジョー製エンジンを積んで優勝してるんや。1908年からはイギリスのトライアンフやBSA、イタリアのドゥカティやモトグッチ、ドイツのBMWやらなんやらが常勝メーカーとなるんですわ。1923年からはレーシングサイドカーによるオートバイレースも開催されるようになったんですわ。

■ホンダの活躍

1959年東洋からアチラでは、まるっきし無名のオートバイメーカーやったホンダが、初めてマン島TTレースに参戦しましたわ。このオートバイレースには初出場やったが、幸運にも恵まれ6位を勝ち取るんや。当時、他のメーカーやオートバイレースを観戦に来とった観客からは、「エンジンはコピーとちゃうか?」といった声もおましたが、2年後の1961年には、上位5位までを本田が独占する、ちう快挙にどなたはんもが驚かされたんですわ。当然エンジンから車体にいたるまで、まるっきしのオリジナルやったことに、新聞各社も「時計のような精巧さ」と絶賛しまっせ。こうしてホンダはオートバイレースの世界で確固たる地位を確立していきまんねん。以降スズキ、ヤマハも参戦しやまとの技術力の高さが評価されたんですわ。

■アメリカのオートバイレース

ハーレー・ダビッドソンを中心とするアメリカのオートバイレースは、マン島TTレースのような複雑なもんとは違い、シンプルなオーバルコースを、どんだけ最高速度を保ちながら走れるかを競うもんやった。1914年からアメリカのTTレースに参戦したハーレー・ダビッドソンは瞬く間にキングの称号(レッキングクルー)を手に入れはります。以降アメリカでの様々なオートバイレースでハーレー・ダビッドソンが活躍していきまんねん。

オートバイレースの種類

オートバイレースは大まかに3つに分けられはります。1つは舗装路上を走るオンロードレース、耐久レース、サイドカーレースやらなんやらや。2つ目は未舗装路を走るモトクロス、ダートトラックレース、ダートトライアルレース、ラリー、エンデューロレースやらなんやらや。3つ目は舗装路と未舗装路の両方を走るレースでスーパーモタードやらなんやらや。

■舗装路(オンロード)のオートバイレース

オンロードのオートバイレースというても、主催する団体や国によって形態は様々や。ここでは現在の主やったオートバイレースを紹介しまっせ。

※オンロードレース

オンロードレースにはマン島TTレースを源とするモトGP(旧WGP)とアメリカで盛んなAMAスーパーバイクレースがおます。

■モトGP(世界ロードレース選手権)

世界最高峰のオートバイレースで、1949年に始まったんや。別名コンチネンタルサーカスとも呼ばれ、2001年まではWGP(ワールドグランプリ)として開催されとったんや。2001年までは2ストローク主体のオートバイレースやったが、2002年に環境問題やらなんやらを理由に4ストローク主体のモトGPクラスが創設され、以降モトGPの名称が一般的となったんですわ。WGP時代のクラス分けは、WGP500ccクラス、GP250ccクラス、GP125ccクラスで、みなのオートバイが2ストロークエンジンやったが。モトGPになってからは、MotoGP4ストローク990cc(2ストロークは500cc)クラス、GP250ccクラス、GP125ccクラスとなっとりまんねん。2006年現在、モトGPクラスは完全4ストローク化され、モトGP以外のクラスも4ストローク化への移行を検討中や。主なコンストラクター(参戦チーム)はホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、ドゥカティ、アプリリア、KTM、ジレラやらなんやらや。2006年シリーズ・モトGPチャンピオンは、劇的な逆転でホンダのニッキー・ヘイデンが獲得しましたわ。

■AMAスーパーバイクレース

モトGPがレース専用車両やのに対して、スーパーバイクレースは市販のオートバイをチューンアップして行われるオートバイレースや。AMAとは全米モーターサイクル協会の略や。1976年から開催され、初年度はBMWが優勝したんやが1977年以降カワサキが大活躍しましたわ。この性交…ひひひ,ウソや,成功によりアメリカでのカワサキ人気が高まり、当時アメリカで発売されとったオートバイ「Z-1」は大ヒットしましたわ。以降もスズキ、ホンダ、ヤマハのやまとのオートバイメーカーが活躍してるんや。

■FIM世界耐久選手権

やまとでもっとも有名なオートバイレースである「鈴鹿8耐」(鈴鹿8時間耐久レース)で知られとりまんねん。鈴鹿8耐は1978年から開催されとりますが、FIMのサーキットに入ったんは、1980年からや。世界的に有名なレーサーを数ようけ輩出し、WGPへの登竜門的な存在になっとったんや。1990年以降は世界的に知名度が上がり、参加チームのようけはWGPで活躍してんライダーを送り込むようになったんですわ。鈴鹿以外にも「ル・マン24時間耐久レース」や、「ボルドー耐久レース」やらなんやら有名なオートバイレースが含まれとりまんねん。

■サイドカーレース

公道で走っとるサイドカーは、オートバイに側車を付けただけのもんが多いのやけど、オートバイレース用のレーシングサイドカーは見た目からしてまるっきし別物や。公道を走るサイドカーでは側車に乗っとる人はただ座っていればええねんが、オートバイレースの場合はコーナリングのたびに身体を右翼に左翼に大きく動かしまっせ。その動きから側車に乗っとる人を「モンキー」と呼んだりしまっせ。現在はモトGPからは離れてしもたんやが、ヨーロッパの一部の地域ではエライ人気がおます。1950年代から1970年代までは、ドイツのBMWが常勝チームやった。その後2サイクルエンジンやモノコックボディーの登場によってBMWはサイドカーレースの王者から陥落してしもてしたちうわけや。世界的にもあんまりメジャーとはいえへんサイドカーレースやけど、そやけどアンタ、独自のオートバイレースとして現在もヨーロッパを中心に開催されとりまんねん。

未舗装路(オフロード)のオートバイレース

オートバイレースが始まった当初は、専用のレーシングサーキットも無く、未舗装路でレースをするんが一般的やったが、マン島TTレース以降ヨーロッパを中心に舗装路でのオートバイレースが増え始めたんや。せやけどダンさん、アメリカではダートトラックレースやモトクロスやらなんやら未舗装路のオートバイレースが独自の進化を遂げていきまんねん。またヨーロッパではダートトライアルレースが徐々に浸透し始め、ウチもようけのファンを獲得していきまんねん。

■モトクロス

モトクロスは、人工的に土で作られはった専用のコースを、オフロード専用のオートバイで走るオートバイレースや。世界的に有名なモトクロスはAMAスーパークロスでっしゃろ。1974年から開催され、開催当初からやまとのバイクメーカーがええ成績を出してるんや。スーパークロスは4ストローク450cc(2ストローク250cc)、スーパークロスライツは4ストローク250cc(2ストローク125cc)の2つのクラスがおます。起伏の激しい複雑なコースを、猛スピードで走る姿はどエライ迫力があり、激しい起伏を利用したジャンプも見どころや。ヤマハ、スズキ、カワサキ、ホンダ各チームがしのぎを削っとりまんねん。

■ラリー

モトクロスとは違い自然を利用したコースを、ルートマップと呼ばれる特殊な地図を見ながら、規定の時間内に走るオートバイレースや。有名なトコロではパリ・ダカール・ラリーがおます。1979年から開催され、最も過酷なオートバイレースと言われとりまんねん。パリ~セネガルの首都ダカール間の約12000キロを2週間以上かけて走るオートバイレース(4輪もおます)や。毎年変更されるコースのほとんどが砂漠な為、モトクロスよりは排気量の大きいオートバイが使用されとりまんねん。ヨーロッパのオートバイメーカーがつよKTM、BMW、カジバがええ成績を残してるんやが、やまとのホンダ、ヤマハもがんばっとりまんねん。

■ダートトラックレース

アメリカで盛んなオートバイレースで、土または草で作られはった楕円系の「オーバルコース」をほぼフルスピードで走るオートバイレースや。使われるオートバイはダート・トラッカーと呼ばれ、現在の排気量はモトクロスとほぼ同じやけど、そやけどアンタ、フレームやサスペンションやらなんやらは専用のもんが使われとりまんねん。その魅力はなんというても独特のドリフト走法におます。ドリフトとはコーナリングの際に、後輪を外側に滑らせながら、ステアリングでカウンターをきって走る走法や。ダートトラックの歴史は古く1910年代までさかのぼるんや。アメリカのダートトラックレースの歴史は、ハーレー・ダビッドソンの歴史というても過言やおまへん。1910年代から1960年代までの約半世紀にわたってハーレー・ダビッドソンは王者として君臨しとったんや。

■ダートトライアルレース

ヨーロッパを中心に人気のあるオートバイレースや。ルールが他のオートバイレースとは異なり、スピードが速ければよいゆうもんやのうて、自然の地形を利用したコースを、地面に足をつかんと走りきるゆうもんや。スピードを出さへんので地味に思われがちやけど、そやけどアンタ、大きな岩や曲がりくねった急な坂道を、テクニックを駆使して登っていく様は見ごたえ十分や。最も有名で古くさかい開催されとる「スコットランド6日間トライアル(SSDT)」は、1909年の開催から現在まで世界のトライアル選手のあこがれの大会になっとりまんねん。

■エンデューロレース

ダートトライアルのテクニックとモトクロスのスピードを併せたオートバイレースがエンデューロレースといえるでっしゃろ。世界各国で開催されとりますが、やまとで初めてエンデューロレースが開催されたんは、1984年の日高2日間エンデューロや。

オン&オフ・オートバイレース

舗装路(オン)と未舗装路(オフ)の両方を走るオートバイレースはあんまりおまへんが、アメリカで行われるスーパーモタードはきょうび注目を集めつつおます。

■スーパーモタード

普通オンロードのオートバイレースを走るレーサーはオフロードを走らへんし、その逆もあらへんかったんですわ。せやけどダンさん1970年代後半のアメリカでみなのレーサーの中でどなたはんがいっちゃん早いんか? ちう議論が起こり、オン&オフを問わへんし、みなのレーサーのナンバーワンを決めるべく開催されたオートバイレースがスーパーバイカーズで、後にスーパーモタードとなったんですわ。オフロード用のオートバイにオンロード用のタイヤを履いて、後輪をドリフトさせながら走る姿は実にかっこええや。テレビドラマで木村拓哉がモタード風のオートバイに乗っとったことからやまとでもブームになったんですわ。

オートバイレース体験記?

わてもオートバイでサーキットを走った経験がおますが、レースとなると敷居が高うてなかいなか手が出せしまへん。オートバイの車両や、安全に走るためのヘルメット、革製のつなぎ、やらなんやらやらなんやらごっつうお金がかかるんや。またレースに出るにはまずライセンスの取得が必須や。そのためには練習走行のためにサーキットに通う時間も必要や。お金と時間、最もやっかいな問題や。せやけどダンさん本気で取り組めばこないな楽しいもんはあらへんのや。皆はんも是非チャレンジしてみておくんなはれ!

, , , , , , , , , , , , , , , ,