趣味やスポーツにはもってこいやで

難波趣味スポーツウェブ

サーフィン

留まることを知らんサーフィン人気。そやけどせっかくサーフィンを始めても「どシロウトやから海に行きづらい・・・」ちう人、いまへんか? そないな時はサーフショップを頼るのがいっちゃん。どシロウト向けスクールを開催してんショップもあるし、波情報やらなんやらも教えてくれはるよ。「ほんなら安心!」と海に向かう前に、ここでちびっとサーフィンに関する「基礎知識」を深めていきまへんか?

サーフィンとは

サーフボードに立ち波上を滑走するマリンスポーツ、「サーフィン(Surfing)」。やまとでは「波乗り」とも言われ、幅広い年層から支持を得とりまんねん。サーフィンは15世紀にハワイで始められ、20世紀にはアメリカやオーストラリアやらなんやら各国に広められはりました。余計なお世話やけどやまとサーフィン発祥の地は神奈川県の鵠沼(くげぬま)海岸や鎌倉とされてて、あの「若大将」で有名な加山雄三はんが持ち込んやスポーツやいうこと・・・知ってたんや?

サーフィンの必需品

サーフィンの主役「サーフボード」。そのサーフボードには色んなオマケ品がついとりまんねん。「オマケ品」とはいてもサーフィンでは超重要ポイント! 名称くらいは覚えておきまひょ。

■サーフィン用品【ボード】

1968年、従来の9フィート(約274cm)以上あるロングボードが徐々に短くなりやし、1971年には5~6フィートのショートボードが出てくるように。もともとは木で作られとったボードやったが、現在はガラスクロスとポリエステル樹脂で発砲ウレタンを包んやボードが主流。

■サーフィン用品【フィン】

ボードのボトム部分に付いとるヒレ状のもん。初期の頃はシングルフィン(1本)やツインフィン(2本)で、さらにオンフィンと呼ばれる固定式のフィンやった。せやけどダンさん現在はトライフィン(3本)で、フィンのみを交換できる取り外し式が主流。サーフィンをする上でフィンは折ったり割れたりと故障しがちな部分。取り外し式やと何ぞと便器…おっとちゃうわ、便利ですわ!

■サーフィン用品【滑り止め】

デッキに塗るタイプの滑り止め「ワックス」と貼るタイプの滑り止め「デッキパット」。ワックスにはさまざまな硬さがあり、水温によって使い分けが可能。余計なお世話やけどショートボードでサーフィンをする場合には前足がワックス、後ろ足がデッキパッドちう組み合わせが多いようや。

■サーフィン用品【流れ止め】

オノレの体とサーフボードを繋ぐ紐のことを「リーシュコード」とええ、なんちうか、ようみなはんいわはるとこの「命綱」的な存在。リーシュコードには体とサーフボードがバラバラになることで起こるサーフィン中の事故を防いでくれるゆう重要な役目がおます。

サーフィンと波

さて、サーフィンにはボートと同じように「波」が必要不可欠。そないな「波」について2つのウンチクをご紹介! こないな雑学を知っていればあんさんも「サーフィン通」かも♪

■サーフィンと「オフショア」

「オフショア」とは陸から海に向かって吹く風のことをええ、海水面をなでるように海上に吹き込むため海面をツルツルにしてくれはります。これをサーファー達は「面ツル」と呼ぶんや。テイクオフ時に受ける抵抗が少なくボードが楽に滑るうえ、うねりのパワーをオフショアの風力がかき消してくれるため波の早さも若干抑えられはります。逆に「オンショア」ではデコボコの海面がテイクオフ時の抵抗を増幅させ、追い風から波がブレイク(崩れる)するんもはよなるんですわ。こないな風に「オフショア」ではサーフィンに最適な波がたつし、「オンショア」ではサーフィンに不向きな波がたちまんねん。

■サーフィンと「朝一」

サーフィンをやる人は「朝一」の波を好みまんねん。そら何故でっしゃろ? 実は「朝一」にはオフショアが吹くさかいなんやこれがホンマに。空気は暖まることで上昇し、それに伴って上昇気流の発生してん方向へ風が吹き込まれはります。海水が陸よりも熱がこもりにくく温度変身がさほどおまへんが、陸地は太陽熱から大きく変身しまっせ。よって、夜~朝方にかけて温度が下がる陸地から海上へと風が流れ込み「オフショア」となるんですわ。

サーフィンのルール&マナー

一見、自由きまんまに見えるサーフィン・・・そこにはさまざまなルールやマナーが潜んどるんや。たとえ「どシロウト」であっても、1人の「サーファー」としてルール&マナーをしっかり守り、楽しいサーフィンにしまひょ。

■サーフィンルール【ワンマン・ワンウェーブ】

要するに、「1本の波に乗れるんは1人のサーファーだけ」ちうこと。サーフィンでは「ヒイキ権」ゆうものがあり、そら波のピーク(ブレイクする側)におる人だけに与えられはります。1本の波にピークが複数できる場合(ビーチブレイクやらなんやら)は、最初にその波を捕らえた人にヒイキ権がある思っておくんなはれ。これらは「相乗り」で生じる事故やトラブルを防ぐために生まれたルールや。それぞれのサーファーが「譲り合い」の気持ちを持ち合ちう、気持ちがええサーフィンをするよう心がけまひょ。

■サーフィンルール【集団サーフィン】

1つのポイントに大勢のサーファーで押しかけられはると・・・乗れる波数は減少するし、接触事故の危険性も高まるんや。それに集団で「ガヤガヤ」と騒いどると、波乗りに集中してん人の迷惑にもなるんですわ。サーファーとしての気遣いを忘れんと・・・。

■サーフィンルール【ボードの管理】

海に入ったら、出来よる限りボードを放さへんでうにしまひょ。もちろん、リーシュコードをつけるんは常識や。他にもワイプアウト時やライディングのケツやらなんやらでもボードからは手を放さへんでうに・・・。ボードを手放したことによって起こる接触事故はようけ、えげつない場合には相手を失明させてまうことも。楽しいサーフィンで「加害者」にならへんためにも、ボードの自己管理に努めまひょ。

■サーフィンマナー【違法駐車】

違法駐車は周辺住民の方たちに多大な迷惑がかかるんや。ポイントだけでなく、どこであっても「車は駐車場へ」これ、一般常識や。サーフィンからあがって駐禁キップを切られとったら・・・テンションもがた落ちですわ。

■サーフィンマナー【挨拶】

常識中の常識・・・やけど、そやけどアンタ、守れへん人っとるんですわや。ポイントでは「おはようわ」「こんにちは」の挨拶はもちろん、ルールを破ってしもた時には「かんにんしてや」、教えてもうた時には「おおきに」ちう謝罪や感謝の気持ちも忘れんと伝えまひょ。しつこいようやけど、そやけどアンタ、サーフィンとは「楽しい」もんなんやこれがホンマに。その気持ちをケツまで忘れんと・・・。

■サーフィンマナー【ポイホら】

これが多いんや! ごみや空き缶、吸殻やらなんやらなんでもポイッ、ポイッと・・・なんなんでっしゃろ?? こらサーファーとしてやのうて、「人間」として非常識や。オノレのごみはオノレで処理して、さらにはどなたはんかのごみも拾ってまう・・・くらいの器の大きさを持ってほしい思うで。

同じサーフィンでも・・・

ここは「サーフィン」とはいてもちごた「サーフィン」や。ようするに「雑談」やから、よろしければどうぞ・・・。

■ウィンドサーフィン

リグをボードに付け、風を利用しながら軽快に水上を滑走するスポーツが「ウィンドサーフィン」や。とっても難しくスノボーやウェイクボードやらなんやらのように「ちーとばかし練習したらすぐ乗れる」ゆうものではおまへん・・・。なめらか~に滑っとるように見えるウィンドサーフィンやけど、そやけどアンタ、なんと世界最高滑走時速は80km以上! どエライ・・・。

■住まいサーフィン

マンション購入者のために2004年7月7日オープンした、お役立ちサイト「住まいサーフィン」。会員数は1日100人ペースで増え続け、今では8万人を超えたそうわ・・・。首都圏でマンションを購入した約24%がこのサイトを利用してんことからも、「住まいサーフィン」の人気が伺えまんねん。

, , , , , , , , , , , ,